トップページ > 理事長メッセージ

理事長メッセージ

株式会社とNPO、両輪だからこそ達成できるミッション。

環境に興味を持つ人たちは確実に増えてきていますが、残念なことに、なかなかアクションまでは繋がりません。
これ以上、日本の環境対策、環境保全を進めていこうとするのであれば、圧倒的多数である「今動いていない一般生活者」を引っ張り込まなければならず、私どものヴィジョンもここにあります。

さまざまな企業や行政・団体等が、生活者を巻き込んだ環境プロジェクトに取り組むのに必要となる前例や実績をつくるため、 マーケティング仮説を検証し、いわば社会実験をおこなっているのがNPO環境リレーションズ研究所です。
そしてこの結果をもとに、企業の環境経営や環境事業を企画・実行支援しているのが株式会社環境ビジネスエージェンシーです。

環境事業に乗り出す為の勇気と口実を与え続けることが、 この両輪で達成しようとしているミッションなのです。

今や「環境ビジネス」は、新たな「需要」と「雇用」の受け皿として期待されています。
他のどの国よりも急速に少子高齢化が進み、成熟国家へと突き進んでいる日本が、「活力ある未来社会」を実現するための一つの有力な手段として、 世界のモデルとなるべく「日本発環境ビジネス」を皆さんと一緒に創っていきたいと願っています。

認定NPO法人環境リレーションズ研究所
理事長 鈴木敦子

理事長 鈴木 敦子 (すずき あつこ)

学歴:学習院大学法学部政治学科卒業(1992)
専門分野:主として環境コミュニケーション、エコプロダクツ開発、環境マネジメント、新規環境事業創造。
保有資格:環境カウンセラー、環境マネジメントシステム審査員補。

業務経歴

大学時代に環境サークルを設立、環境問題に関心を持つ。サブゼミとして二年間研究を行う中で『環境の仕事』への就職を選択。1992年 大手製紙会社に就職。その後環境コンサルティング企業をなどを経て、独立。在職中は環境管理・対策に関わる情報公開業務から、近隣住民向け説明会、投資家・アナリスト向けスモールミーティング等の企画、運営により、さまざまな角度から"環境コミュニケーション"を実践。現在は、市民の環境ニーズと起業の環境保全活動、ビジネス・シーズとの融合に取り組んでいる。

2003年9月 NPO法人環境リレーションズ研究所設立登記。
2003年12月 環境分野に特化した経営コンサルティング会社(株式会社)の設立に参加し取締役就任。環境市場開拓を得意領域とし環境新規事業創造、環境ビジネス情報発信を主として行う。
2005年6月 同社代表取締役就任。2005年9月 同社を再編し、環境ビジネスエージェンシーを設立。代表取締役就任。
2004年4月 環境省環境ビジネスウィメン懇談会メンバーに参加、2007年4月より有限責任中間法人環境ビジネスウィメン理事としても活動し、書籍「環境ビジネスウィメン」を共著。

最近では、環境コミュニケーションを中心とした講演、社内の環境意識改革に挑み悩む企業や団体を対象に経営層をも巻き込む環境研修などの依頼が多く、より効果的で実践的な企画を提案し、企業価値の向上をサポートしている。