トップページ > 税の優遇措置について

寄付金など税の優遇措置について

環境リレーションズは研究所は東京都より認定を受けた「認定NPO法人」です。

これにより、認定期間中に当団体へご寄附いただいた場合、個人・法人を問わず税の優遇措置が受けられます。

<認定期間>平成27年1月23日 ~ 平成32年1月22日 認定NPO法人通知書

※東京都のHPで公開されている認定NPO法人リストはこちらからご確認いただけます。

http://www.npo.metro.tokyo.jp/

【補足】

※Erは、当団体は、旧制度(国税庁)による認定も受けておりますので、上記東京都認定の有効期間以前の寄附についても税の優遇措置を受けられます。
(国税庁認定有効期間:平成22年4月1日 ~ 平成27年3月31日)。

※国税庁のHPで公開されている認定NPO法人リストはこちらからご確認いただけます。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/denshi-sonota/npo/meibo/1_a-ko.htm

認定NPO法人制度による税制上の特例措置

◆認定NPO法人制度による税制上の特例措置とは、以下の措置をあらわす。

1.個人が支出した認定NPO法人への寄附金に対する特例措置

個人が認定NPO法人に対し「特定非営利活動に係る事業に関する寄附」をした場合には、①寄付金控除(所得控除)、②寄附金特別控除(税額控除)のどちらか有利な方を選択することが出来ます。いずれも確定申告が必要です。

①寄付金控除(所得控除)
 特定寄附金合計額 - 2,000円 = 寄附金控除額

②寄付金特別控除(税額控除)
 (認定NPO法人への寄附金等合計額 - 2,000円) × 40% = 寄附金特別控除額

2.法人が支出した認定NPO法人への寄附金に対する特例措置

法人が認定NPO法人に対し、特定非営利活動に係る事業に関する寄附金を支出した場合、一般寄附金の損金算入限度額とは別に特別損金算入限度額が設けられている。一般寄附金と別枠分の寄附金が損金算入でき、この分には法人税は課税されない。

一般寄附金の損金算入限度額:
(資本金等 × 0.25% + 所得金額 × 2.5%)× 1/4

認定NPO法人への寄附金に対する損金算入限度額:
(資本金等 × 0.375% + 所得金額 × 6.25%)× 1/2

3.相続人等が認定NPO法人に寄附した相続財産等に対する特例措置

相続、遺贈により財産を取得した者が、その取得した財産を認定NPO法人に対し、特定非営利活動に係る事業に関する寄附をした場合、その寄附をした者または親族等の相続税、贈与税の負担が不当に減少する場合を除き、寄附額は課税対象から除かれる。

※詳細は国税庁ホームページをご参照下さい。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/pdf/11.pdf

※参考:認定NPO法人制度の主な改正の経緯
https://www.npo-homepage.go.jp/about/seidokaisei-keii/ninteiseido-keii